プラセンタサプリ副作用

【プラセンタサプリ】体がだるくなる?それとも取れる?

更新日:

プラセンタサプリで、「体がだるくなった」という声を聞きます。

しかし、プラセンタサプリの活性化作用で一時的に体がだるくなることがありますが、すぐに良くなってむしろだるさが取れます。

どういうことでしょうか?

プラセンタによって体にだるくなるのは、プラセンタによって細胞や臓器が活性化される際に、「すぐに活性化されるもの」と「少し時間がかかるもの」があるからです。

すぐに活性化された細胞や臓器と、これから活性化される細胞や臓器とのアンバランスが出てきて、体のだるさが出るわけですね。
そうなんです。これは一時的なもので、2~3日程度で体全体が活性化されます。

プラセンタによる体のだるくなるのはマレで、症状が出ない人の方がほとんどです。

もともと体に不調な臓器があれば、その臓器が活性化される際にだるさの症状が出る可能性が高くなります。

ただし、2~3日もすれば体全体が活性化されて、カラダがとても軽くなって元気になり、お肌も見違えるほどキレイに生まれ変わりますよ!!

■効果が高いおすすめサプリはこちら

 

なぜプラセンタサプリを飲むと、体がだるい症状が出るの?

プラセンタサプリによって、体のだるさが出る理由は2つあります。

1.自律神経を整える作用が原因

2.各組織・器官・細胞が活性化する作用が原因

1.自律神経を整える作用が原因

プラセンタサプリには、自律神経を整える作用があります。

これによって今まで緊張していた交感神経がリラックスして、その反動で緊張やストレスがほぐれて一時的に体のだるさが出ることがあります。

2.各組織・器官・細胞が活性化する作用が原因

プラセンタサプリには、各組織・器官・細胞を活性化する作用があります。

これ自体は嬉しい作用なのですが、活性化される速度に差があるのです。

すると、活性化されるのが早い臓器と、まだ活性化されていない臓器との間に差が生じて、体のだるさが引き起こされるのです。

実際にプラセンタサプリを飲んで体のだるさが出るケースは少なく、出たとしても2~3日で治まります。

プラセンタサプリを飲むと、むしろ体のだるさは改善される

プラセンタサプリを飲むと「体がだるくなった」という人がごくマレにいます。

しかし実際は、プラセンタサプリを飲むと、自律神経が整えられて、各組織・器官・細胞も活性化されるので、むしろ体のだるさは改善されるのです。

■効果が高いおすすめサプリはこちら

-プラセンタサプリ副作用

error:

Copyright© 【プラセンタサプリ】絶対に知るべき比較ランキング|口コミだけで選んじゃダメ? , 2018 All Rights Reserved.